UAVレーザー計測

UAVレーザー事業

New

新たにLivox搭載型のUAVレーザーの登場により、より安価で高高度を飛行しながらの計測を実現、RGB情報を同時に取得

High

ロングレンジで高密度の点群取得を可能にするReigle搭載のレーザースキャナーを使用して誤差の少ない植生下におけるマッピング

Water

水中計測専用のグリーンレーザーを使用することでセンチメートルレベルの深度分解能で水中/河床を測定可能にします。

UAVレーザー活用によるメリット

UAVレーザー測量の特徴

航空測量と比較してより低い高度(70m程度)を飛行させることで圧倒的に濃い点密度で精度の良い(10cm精度)点群データを取得することが可能です。

LIDARドローンを活用することで写真測量では取得ができない、森林部の地盤形状を計測することが可能です。LIDARを使用しても、非常に密集した植生下では地形を完全に把握することは困難です。

近年では様々なドローン搭載型のレーザースキャナーが存在します。用途に合わせた機種の選定からフライト計画の作成が重要となります。


写真測量との違い

UAVレーザー測量では計測する対象にダイレクトにレーザーを照射してデータを取得するため、計測時にデータを確認することが可能なほか、精度管理のための対空標識(GCP)削減により作業効率が飛躍的に向上します。

UAVレーザーで取得した点群データは色情報を持たないためドローンレーザーにカスタムしたカメラを使用して写真を同時に撮影するか、写真測量を別機でフライトさせてRGB情報を取得します。

写真測量と比較してより広範囲をスピーディーに計測することが可能です。1ha未満〜1500ha程度の範囲が現実的に可能なドローンレーザーの計測範囲となります。


主なLidarシステムメーカー

DJI Matrice 300RTK Zenmmuse L1レーザーシステム(Livoxスキャナー)

Matrice300RTKに搭載可能な高性能レーザースキャナー

DJI Zenmuse L1 ドローンレーザーシステム

飛行しながらリアルタイムにデータを可視化するLivox製のLidarモジュールを搭載

2000万画素のRGBカメラが内蔵されており、レーザー情報と一緒に写真を撮影することが可能

  • 最大100%有効な点群を生成するフレームLidar
  • 検出範囲:450m(反射率80% 0klx)/190m(反射率10%)
  • 実効点数:240,000/秒
  • 3リターン対応
  • 反復スキャンモード/非反復スキャンモード
  • 1インチCMOS
  • メカニカルシャッター

  • DJI Zenmuse L1 特徴

    飛行しながら色付き点群を取得、70°FOVのLivox製フレームLidarモジュールと1インチのセンサー付き可視光カメラを使用して、一度の飛行で2km2の点群を取得します。

    保護等級IP54により、雨や霧などの悪天候条件下でも動作します。Lidarモジュールのアクティブスキャン方式により、夜でも飛行が可能です。

    幅広い業種における測量・調査の大幅な業務改善

    山間部

    離隔調査

    深浅測量

    災害復旧

    図化業務

    i-Construction

    都市開発

    現況測量

    DJI zenmuse L1測量以外への応用

    ハードウェア/ソフトウェア

    産業用のドローンを中心に測量やインフラ点検、空撮に特化したドローンを運用知識と合わせてご提供いたします。現場から内業まで全て完結するトータルソリューションをご利用ください