APEX株式会社はSLAM技術の開発をスタートしました

APEX株式会社はSLAM技術の開発をスタートしました

SLAMを使ったインフラ点検の実施 APEX

APEX 株式会社は既存のドローンに搭載可能な
ドローン用SLAMの研究開発を完成させます

SLAM×DRONE

VISUAL/LIDAR SLAMを既存のドローン(UAV)に搭載させることにより、非GPS環境のドローン飛行を飛躍的に安全飛行させることが可能となります。SLAM技術のドローンへの応用は、衛星(GNSS)データを取得困難な都心のビルとビルの間やトンネルの内部、橋梁の桁下空間や室内、プラントタンク内などにおけるドローン飛行をドローン飛行が困難なエリアからドローンを快適にフライト可能な空間へと変えます。

ドローンに搭載したカメラ、UAV Lidarセンサーを使用することはインフラ設備や建物を素早く正確に点検することを実現する理想の手段です。

既存のドローンにSLAMソリューションを後付けすることで、ドローンはリアルタイムで自己位置推定を行い衝突を回避します。SLAMを搭載したドローンがこれまで不可能だった場所を安全飛行することにより

APEXのSLAM技術はドローン活用の幅を大きく広げ、これまでのドローン安全飛行の概念を完全に変えます。

Lidar SLAMとVISUAL SLAM

インフラ点検への活用

ドローンを使用したインフラ点検は2つの課題が存在します。一つ目は運用コストが高いこと。

もう一つは衛星不受信(非GNSS環境下)のドローン飛行の安全確保ができないことです。

ドローンは衛星(GNSS)を受信することができる環境で安全飛行が可能ですが、非GPS環境でドローンを飛行させることは、追突事故のリスクを高めるため推奨されていません。

インフラ点検をドローンで行う場合はGNSSが受信できない環境が多く存在します。そのためインフラ点検は非GNSS環境でドローンを飛行させて行うことが可能な熟練のドローンオペレーターの経験とスキルに頼ることで業務を行うことが可能です。

点検業務を行うには対象物にかなり近づく必要があるため、熟練のパイロットであっても難しい業務となります。

オペレーターをサポートするための衛星が受信できない環境でSLAM技術を活用すれば、ドローンを使用した構造物などのインフラ点検をもっと安全に行うことができます。

さらにインフラ点検はドローンを使用した点検方法が急速に拡大しており、SLAM付きLidar、VISUAL SLAMの開発はこれからのドローン飛行の安全確保のために、最も注目を浴びている研究の一つです

ドローンとGNSS、RTKの仕組み

グローバルチームで挑むAPEXの技術開発

APEXのSLAMドローン開発チームはグローバルで結成されています。

ユーザーは世界最先端のSLAM技術を現在使用しているドローンに搭載可能となります。

DJIドローンをこれまでと同じように使用することができるため、新しくドローンを買い換える必要もありません。

これまでと同じように現在使用しているカメラ、Lidarから取得したデータを解析することができます。安価なSLAMを開発するために必要な全てが揃っています。

ユーザーはコストと用途に応じてLidarとVSLAMをカスタマイズすることができます。

SLAMドローンで取得したデータをクラウドアプリケーションと連携してデータをまとめることも可能です。

APEX株式会社 イノベーション SCOUT-137

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。