点群解析プラットフォームSIMPLE-POINTをリリース

点群解析プラットフォームSIMPLE-POINTをリリース

APEX株式会社-3次元と2次元データ解析を自動化

SIMPLE-POINTとは

SIMPLE-POINTは三次元データ解析を自動化する新しいアプリケーションです。ユーザーはこれまでの三次元データ解析から解放されます。点群データの活用方法や新規分野へドローンを応用するための検証や業務に社内リソースを集中させることができます。

クラウド型解析アプリケーションSIMPLE-POINTはバージョンアップにより追加機能を増やすことができます。これまで人が行っていた作業をSIMPLE-POINTを活用して自動化することが可能です。

APEX株式会社-SIMPLE-POINT

SIMPLE-POINTの追加機能

SIMPLE-POINTは建設測量向けに作られてスーパーアプリです。クラウドベースのシステムはあらゆる機能を追加することができます。

SIMPLE-CADは簡易解析機能を搭載した3DCADです。2DCADとの連携を前提に作られたSIMPLE-CADは、SIMPLE-POINTで依頼したデータを3DCADで表示することができます専用URLを発行してデータを共有することが可能です。

SIMPLE-SKYは写真測量とUAVレーザー測量の飛行計画を行うことができる追加機能です。

SIMPLE-SKYで作成した飛行計画はSIMPLE-POINTと連携して飛行計画の精度をさらに向上させることが可能です。

APEX株式会社-AIと三次元点群解析

AIによる自動解析

ニューラルネットワークで膨大な情報処理シュミレートすることで、データに存在する複雑な概念や関係を摘出することができるのはクラウド型アプリケーションのメリットです。SIMPLE-POINTはディープラーニングにより、画像や点群データにおける複雑なパターンを認識することで、解析の精度を向上させます。しかしドローン測量のデータ(点群解析)はAIを用いた解析のみでは精度が足りないため、SIMPLE-POINTの解析はAIと熟練の技術者を掛け合わせることで完璧なデータセットを生成します。

Lidarの点群解析を行う場合のAIを用いた不要な点群除去は測量精度を担保することが難しく、残したい場所を除去してしまう場合があります。一方で点群のノイズカットの精度は非常に良いという特徴があります。SIMPLE-POINTは各工程ごとに技術者が内容を全てチェックしているため、成果物の高品質を担保することが可能となっております。

APEX株式会社-建設DXへの取り組み

APEX DX紹介

APEXはハードウェアとソフトウェア開発を通して、日本の建設や測量分野におけるビジネス環境の激しい変化に対応し、ロボット技術とデジタル技術を統合して、ユーザーや社会の仕組みを変え、製品やサービス、ビジネスモデルを変革します。

業務のプロセスや企業文化を超えた持続的な成長目標としています。


APEX株式会社-ドローン測量トータルサポートに関するお問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。